キャットフードのタピオカ。キャッサバ芋が原料のタピオカの栄養素と特徴

キャットフード タピオカ
猫田

今日本で大ブームが到来しているタピオカ。様々なタピオカドリンク店が登場して行列をつくる人気爆発中のスイーツです。

近年身近になったタピオカですが、タピオカの原材料や成分について気にしたことはありますか?

鈴木さん
ぜ、全然わかりません…。もちもちとしているから…米?
猫田
タピオカは芋からつくられているんです。キャットフードの原材料として使われることもあるので、この機会にタピオカの栄養や効果について学んでいきましょう。

キャットフードの原材料:タピオカ

キャッサバ芋のでんぷん

タピオカ キャットフード

タピオカは、キャッサバ芋という南米原産の芋のデンプンからつくられます。キャッサバ芋のデンプンを水で溶いて粒状に固めることで、タピオカの粒が完成します。

私たちがお馴染みのタピオカは、固められた粒を茹でて戻すことでモチモチとして食感のタピオカになります。

タピオカの色は黒ではない

タピオカといえば、トップの画像のような黒い粒というイメージですが、タピオカの黒い色はカラメル色素やイカスミなどでつけられた色になります。

着色のないタピオカは白く、茹でて戻すと乳白色のような色をしています。

キャットフードのタピオカ

キャットフードでは、もちろん黒の着色もありません。またドライフードでは乾燥した原材料を使うので、タピオカを茹でてモチモチの状態に戻すことはしません。

芋から作られた堅くて白い粒がタピオカとしてキャットフードに入れられる、というような感じです。

タピオカの栄養素

タンパク質0g
脂質0.2g
炭水化物87.8g
食物繊維0.5g
ミネラル0.1g
カロリー355kcal
水分11.9g

タンパク質、ビタミンは0、脂質やミネラルなどもほとんどありません。デンプンなので、カロリーは100gあたり355kcalと高いエネルギー量となっています。

乾燥させて堅い粒にはなっていますが、意外にも水分は10%以上入っています。

ほぼ炭水化物

タピオカの100gあたりの成分を見ると、タピオカのほとんどは炭水化物であることがわかります。その中でも単糖という糖質が大半を占めています。

ロイヤルカナンでは炭水化物源として使用していることを公表しています。その他の配合理由としてはでんぷんとしてドライフードを形作るのにも役立っています。また、ドライフードのモチモチとした食感をつくり出したり、質感調整としても使われるようです。多く配合されている商品はないかと思いますので、ほとんどが以上の理由かと予想できます。

キャットフードのタピオカ

鈴木さん
タピオカはキャッサバという芋からとれたでんぷんなんですね。キャットフードでは想像するインスタ映えな姿で投入されるわけではないということがわかりました。
猫田
主に成型、質感調整として使われていると予想されます。多く配合する意味がないので、多量に使われているキャットフードはないかと思いますが、チェックしてみても良さそうですね!

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。