猫に菜食生活(ベジタリアンやヴィーガン)を強いる危険

猫に菜食を強いるのは危険

ここ最近、話題に上がっているのが、ベジタリアン・ヴィーガンの飼い主さんが、飼い猫に対して自分の食事と同じように肉などを使わない手作りフードを与えているという話。

人間にとっては健康的で美容やメンタルにも良いと好評ですが、猫にも菜食を強いるのは猫にとって健康面が危険と言えます。

肉食の猫にはタンパク質が必要不可欠

ライオンなどの肉食獣と同じで動物の肉を食べてきた猫にとって、動物性のタンパク質は必要不可欠です。

タンパク質は犬や人間にとっても体を作るために必要な栄養素ですが、体を動かすために必要なエネルギー源は、米や小麦などの「穀物」から消化吸収することができます。

猫はエネルギー源もタンパク質

しかし猫の場合、エネルギー源は穀物からではなく動物性のタンパク質から得ています。そのため猫にとってタンパク質は、体を作るためというのはもちろんですが、エネルギー源としても大変重要な成分です。

そのため動物の肉が入っていないキャットフードは猫にとっては大問題になります。

穀物は少量でないと消化できない

穀物は猫の体の負担に

そしてそもそも猫は、人間や犬のように穀物を食べても沢山は消化吸収できません。

少量であれば腸の働きを活性化させる効果があるため猫が食べることに問題はありませんが、人間や犬のように主食やメインの原材料として穀物を多く与えると猫の体に負担をかけます。

猫に与えられない野菜を使ってしまう危険

猫に与えられない野菜は意外に多くあります。

食主義者の飼い主菜さんと同じような生活をすると、猫が食べられない野菜を混入させて猫の体調を悪くしたり病気にさせてしまったりする可能性もあります。

猫に与えてはいけない野菜には、

  • タマネギ、ネギ(貧血)
  • アボカド(痙攣、呼吸困難、嘔吐)
  • ほうれん草(結石の原因)

などがあり、これらを与えると猫に()内のような症状が現れ、とても危険です。

手作りフードも与え続けるのは良いとは言えない

また菜食のキャットフードは少ないので、食事を手作りする飼い主さんも多いですが、手作りキャットフードを与え続けること自体、あまり良いとは言えません。

手作りフードで飼い主さんの愛情は猫に伝わると思いますし、猫の味覚を熟知しているなら、もしかしたら猫にとっても飼い主さんのごはんが一番美味しいと感じているかもしれません。

問題は猫に合わせた栄養バランス

しかし問題なのは、猫の体に合わせた栄養バランスをきちんと手作りフードで補えているかという点です。

猫は人間や犬などの動物に比べて、自分の体内で必要な成分を作り出すことが苦手な動物です。

ですので猫の場合は、必要な栄養素を食事の中でしっかり補う必要があるのです。

手作りフードで毎日の栄養カバーは困難

手作りフードでは猫に必要な栄養素を全てカバーするのは非常に難しく、栄養分を補おうとすると食事量もかなり多くなってしまう傾向があります。

以上のことから猫の体や健康を考えるなら、猫の本来の食生活にあった肉メインの食事を与えるべきだと言えます。

ベジタリアンとヴィーガン

ベジタリアンとヴィーガンという言葉が出ていましたが、この二つの違い、それぞれの特徴や考え方はどうなんでしょう。

ベジタリアン(菜食主義者)

ベジタリアンとは日本語では菜食主義者と良い、植物性の食べ物のみを食べることを言います。

ただ時代の流れでベジタリアンの傾向が変わってきているところもあり、日本ベジタリアン協会の記載を見ると、現在英国では「畜肉を食べない人」をベジタリアンだと広く定義しているようです。

ベジタリアンになった人の理由の多くは、

  • 健康のため
  • 道徳的なことを考えた結果
  • 宗教の戒律などで

このような理由で菜食生活を続けています。

ヴィーガン(完全菜食主義者)

ヴィーガンは日本語では完全菜食主義者と言われ、ベジタリアンよりも菜食生活が徹底しています。

ヴィーガニズムを忠実に守るヴィーガンは、野菜や穀物だけを食べて生活し、肉だけでなく「酪農製品」も食べません。

つまり家畜からとれる、

  • 牛乳
  • はちみつ
  • チーズ
  • バター

なども口にはせず、そのような食品は豆乳やナッツなどを代用して生活しています。

また蚕により作られる絹などを使わない服を選ぶ、など食べ物だけでなく身につける物にまでこだわることもあります。

ヴィーガンはベジタリアンに比べると、道徳的・倫理的な考えと意思で行っている人が多く、動物を苦しめたり殺したりする食品や物を徹底して排除する生活を目指しているようです。

猫田
今回は猫に菜食を強いる危険と、ベジタリアンとヴィーガンについてのお話をしました。ベジタリアンとヴィーガンではだいぶ行っていることや意識が違うことがわかりました。
鈴木さん
ヴィーガンの方は動物を苦しめる行為の排除を目的に完全菜食の生活をしているんですね。
猫田
そうですね。しかし猫も動物。愛する猫の健康のために、せめて猫には肉をメインにしたキャットフードを与えてあげてほしいですね。