猫にとってアロマは危険!部屋を閉めきって充満させると命に関わる

 

鈴木さん

最近、猫にアロマは危険という話を耳にしました。アロマを自宅ですることはありませんが、香料やアロマオイル入りの物を使うことはあるので心配です。

猫にとってアロマなど強い香りにはどのような問題があるのでしょうか。

猫田
アロマや強い香りは時に猫を危険な状態にしてしまうことがあるので、特に注意が必要です。アロマが趣味という方や、自宅がアロマの香りで満たされているという方はすぐに改善すべきです。

アロマについて

様々な香りを楽しめる植物油

アロマとは植物から抽出されたアロマオイル(精油、エッセンシャルオイル)を使って楽しむ香りで、花や森、木、フルーツなど様々な種類があります。

癒やし・リラックス効果

アロマには癒やし効果、リラックス効果、疲れの緩和など体にも心にも効果があるため、自宅でアロマを楽しんでいる方も多いのではないかと思います。

猫にとっては危険

しかし猫にとってアロマは危険だと言われています。では猫にとってアロマが危険な理由とアロマによって受ける猫の体への影響を確認したいと思います。

アロマによっては猫に中毒症状が出る

猫に現れる中毒症状

まずアロマによって猫に中毒症状が起きることがあります。具体的な中毒症状としては、

  • 食欲不振
  • 運動失調
  • 元気がなくなる
  • 体の震え
  • 鬱状態
  • 失禁
  • ふらつき
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 皮膚疾患
  • よだれ
  • 意識朦朧

などが挙げられます。

アロマで猫が死亡した例

また中毒症状が出るだけでなく、アロマオイルによって臓器の機能に異常が出たり、アロマが原因で猫が死亡してしまった例もあります。

香りの強さや種類によって症状や症状の度合いは変わってきますが、アロマは猫の命を脅かすことがあるほど危険と言えます。

猫にとってアロマが危険な理由

猫は過敏に反応してしまう

猫は他の動物よりも香りに関して敏感です。アロマオイルに直接触れたりしなくても香りだけで過敏に反応してしまいます。

猫の肝臓で解毒できない

猫の肝臓はアロマオイル(精油)などの香りを体内に吸い込んだ際に、他の動物のように代謝して解毒することができません。

肉食動物に共通する

猫やネコ科に分類される動物は、他の動物と違って糖質(炭水化物)よりも肉をエネルギーとして分解し活用することが得意な動物です。

しかしネコ科の動物は植物から抽出された香りを分解するのは苦手です。

そのため他の動物にとっては問題のない香り成分でも、ネコ科のにとっては重大な問題や異常が出てしまいます。

アロマ以外で注意が必要な物

お香や芳香剤

今回はアロマに注目しましたが、アロマに限らず危険な物もあります。

たとえばお香や芳香剤はアロマではありませんが、アロマと同様で部屋の中や空間の中で香りが充満してしまう危険があるので避けるべきです。

蚊取り線香

蚊取り線香は取り扱いに注意が必要ですが、部屋を十分に換気しながらであれば使用可能です。

アロマや香料入り化粧品やケア商品

またアロマオイルや香料が入った化粧品やケア商品も少なくありません。

強い香りの強いハンドクリームや香水などにはアロマオイル(精油)や化学合成の香料などが入っていますが、部屋に充満するほどの香りでなければ大きな問題ではありません。

しかし猫に触れたり近づいたりする際には注意が必要です。嫌がられる可能性も高く、無理に抱っこやスキンシップをとろうとすると、猫に嫌われてしまうかもしれません。

猫に触れる際には香りを落としてからの方がいいでしょう。

猫とアロマのまとめ

猫田
猫にとってアロマが危険なことはわかっていただけたと思います。アロマ以外にも香りの強い香水や香料、部屋を閉め切ってニオイを充満させてしまうことも避けるべきです。
鈴木さん
猫の健康と安全はもちろん、猫にとって快適な空間を作るためにアロマや香りには気を付けなければいけないですね。