猫にアロマの香りは危険!ネコ科の動物はアロマの香りを解毒できない。死亡例も確認

鈴木さん

最近、猫にアロマは危険という話を耳にしました。アロマを自宅ですることはありませんが、香料やアロマオイル入りの物を使うことはあるので心配です。

猫にとってアロマなど強い香りにはどのような問題があるのでしょうか。

猫田
アロマや強い香りは時に猫を危険な状態にしてしまうことがあるので、特に注意が必要です。アロマが趣味という方や、自宅がアロマの香りで満たされているという方はすぐに改善すべきです。

癒やし効果もあるアロマ、実は猫には危険!

香りによって癒やし効果のある植物油

アロマとは、花や森、木、フルーツなど様々な植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)で香りを楽しむことで、香りの種類も非常にたくさんあります。

アロマには癒やし効果、リラックス効果、疲れの緩和など体にも精神にも良い効果があるため、自宅でアロマを楽しんでいる方も多いかもしれません。

しかし猫を飼われている家庭ではアロマはおすすめできません。猫にとってアロマは危険性が高く、アロマによって猫が受ける体の影響も大きいと言われています。

アロマで猫に中毒症状が出ることも

猫に現れるアロマの中毒症状

まずアロマによって猫に中毒症状が起きることがあります。具体的な中毒症状としては、以下の症状が挙げられます。

  • 食欲不振
  • 運動失調
  • 元気がなくなる
  • 体の震え
  • 鬱状態
  • 失禁
  • ふらつき
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 皮膚疾患
  • よだれ
  • 意識朦朧

意識朦朧やふらつき、よだれ、失禁、体の震えなど明らかな異常が見てとれる症状もあれば、一見原因がアロマなのか分かりにくい症状もあるので注意が必要です。

アロマで猫が死亡した例

また中毒症状が出るだけでなく、アロマオイルによって臓器の機能に異常が出たり、アロマが原因で猫が死亡してしまった例もあります。

香りの強さや種類によって症状や症状の度合いは変わってきますが、アロマは猫の命を脅かすことがあるほど危険と言えます。

猫はアロマの香りを体内で代謝・解毒することができない

猫が、アロマオイルに直接触れたり舐めたりしなくても、香りを嗅いだだけでも過敏に反応してしまうのは、猫がアロマの香りを嗅いだ時に、肝臓で代謝・解毒することができないからです。

これは、ライオンやトラなどのネコ科の動物に共通しています。香りの解毒は肝臓で行われますが、ネコ科の動物は、人や犬などの動物と肝臓にもっていない酵素を持っており、解毒できるものも異なります。

例えば、ネコ科の動物は、人や犬と異なり、炭水化物からではなく動物性タンパク質から主なエネルギーを得ています。これは猫の肝臓がタンパク質を利用するための酵素を持っているためで、この酵素は人や犬の肝臓には多くありません。

反対に、猫は香りを代謝するための酵素が少ないため、人や動物が代謝できる香りも、ネコ科の動物には有害になる場合があります。

猫にNGな食べ物や香りが多い理由!毒物や薬物の解毒能力が低いのは肉食が関係

2019年5月7日

アロマ以外で注意が必要な物

お香や芳香剤、蚊取り線香

今回はアロマに注目しましたが、アロマに限らず危険な物もあります。

たとえばお香や芳香剤はアロマではありませんが、アロマと同様で部屋の中や空間の中で香りが充満してしまう危険があるので避けるべきです。

蚊取り線香は取り扱いに注意が必要ですが、部屋を十分に換気しながらであれば使用可能です。

アロマや香料が含まれた化粧品

またアロマオイルや香料が入った化粧品やケア商品も少なくありません。強い香りの強いハンドクリームや香水などにはアロマオイル(精油)や化学合成の香料などが入っています。

部屋に充満するほどの香りでなければただちに大きな問題になるケースは少ないですが、猫に触れたり近づいたりする際には注意が必要です。

嫌がられる可能性も高く、無理に抱っこやスキンシップをとろうとすると、猫に嫌われてしまうかもしれません。猫に触れる際には洗い流してからの方がいいでしょう。

アロマや香料を不使用にしたペット飼い主向け化粧品もあります

猫にとってアロマや香料は危険ということが認知され始めたことで、ペット飼い主向けの化粧品を販売するメーカーも登場してきています。

下記の記事では、香料や合成防腐剤などを不使用にした化粧品ブランドを紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

ペット 猫犬 化粧品

【おすすめ】ペット飼い主向けの化粧水と口コミ評価!舐めて危険な成分にも配慮

2021年11月10日
犬猫 ペット 飼い主 飼育者 おすすめ ハンドクリーム

【おすすめ】犬猫ペット飼い主向けハンドクリームと口コミ評価!匂いや舐めて危険な成分や香り

2019年1月16日

猫とアロマのまとめ

猫田
猫にとってアロマが危険なことはわかっていただけたと思います。アロマ以外にも香りの強い香水や香料、部屋を閉め切ってニオイを充満させてしまうことも避けるべきです。
鈴木さん
猫の健康と安全はもちろん、猫にとって快適な空間を作るためにアロマや香りには気を付けなければいけないですね。

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。