キャットフードのカツオ。栄養素と成分の特徴、嗜好性を解説

カツオ キャットフード
鈴木さん
うちの猫はカツオ節が大好きで、よく奪おうとケンカを仕掛けてくるのですが、キャットフードにカツオが使用されることもありますよね。
猫田

はい。日本のキャットフードや猫用のおやつにはカツオで嗜好性を高めたり、ふりかけの風味付けに利用されることもありますね。

ただ海外ではあまりカツオを使ったキャットフードは見られないんですよ。

カツオを使用したキャットフードの傾向

国産のキャットフードが多い

カツオを使用しているキャットフードは圧倒的に日本人向けの国産キャットフードが多いです。

日本人は猫が好きな物=魚という印象を持っているので、カツオが配合されていると猫が喜びそうに思いますが、海外では猫が魚好きというイメージは少ないので、魚系よりも肉系のキャットフードの方がメジャーです。

特に日本人飼い主に向けたフード

特に日本ではかつお節などで猫がカツオ好きという印象が強いため、キャットフードでもカツオを使ったり風味付けで使用したりするメーカーが多い印象です。

海外で魚系のキャットフードと言えば、サーモンやサバ、イワシ、ニシンなどが主流で、カツオをメインに使用したキャットフードはあまり聞きません。

主原料は肉か魚のどっちを選ぶ?実は肉好きが多い日本猫

2016年8月26日

おやつや猫缶が多い

またカツオは、猫の毎日の主食となる総合栄養食というよりは、おやつや猫缶に使われていることが多い印象です。

総合栄養食ではそれこそサーモンが主流であることが多いですが、日本で風味付けに使用されるのはカツオやマグロなどの魚という傾向があります。

キャットフードのサーモンの栄養の特徴!猫のアンチエイジングフードだった

2016年12月26日

カツオを使用したキャットフード例

カツオを使用したキャットフードの例
  • チャオチュール
  • キャネットチップ
  • ペット&i
  • 焼かつお
  • プレミアムキャットフード カツオ
  • 黒缶
  • キャラットキャットフード
  • 和の極み
  • セブンプレミアム 毛玉をケアするキャットフード

上記のキャットフードはいずれも日本のメーカー・日本の製造工場で作られた国産キャットフードです。

他にもありましたが、どれもおやつやふりかけだったのでこのくらいにとどめておきました。

カツオの栄養成分

栄養成分(刺身)タンパク質15g
脂質3.72g
炭水化物0.12g
ビタミンナイアシン10.8mg
ビタミンB60.46mg
ビタミンB125.16mg
ビタミンD5.4μg
灰分セレン60μg
ナトリウム22.8mg
カリウム228mg
リン156mg
カロリー100g99kcal

栄養素はカツオが刺身の状態の栄養素なので、乾燥させた状態で加えられるキャットフードとは栄養が変わってきますが、生の状態ではビタミンやミネラルが豊富です。

ミネラルではセレンや鉄分などが豊富に含まれており、ビタミンではビタミンB群、ビタミンDなどが特に豊富です。

またタンパク質も豚肉と同じくらいかそれ以上に含まれています。

カツオをキャットフードに使用するメリット

ビタミンやミネラルが豊富

カツオには栄養の項目でも説明した通り、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

ウェットフードなどは最小限の加工でパウチや缶詰になるので、破壊されずにビタミンやミネラルが残ることもあります。

嗜好性が高く食いつき向上に役立つ

カツオの香りが大好きな猫は多いです。魚好きな猫にとってカツオの香りがあるだけで嗜好性を高め、食いつきを高めてくれる嬉しい食材となります。

あまり食べてくれない猫にはカツオ風味のキャットフードを与えることで緊急時にも栄養を補給してくれやすくなります。

日本人へのイメージが良い

またなんといってもカツオは日本でもダシとして使われたり、食卓に並ぶなど一般的な食材で、食材自体への信頼性も高いです。

またカツオ節や魚好きな猫のイメージもあいまって、カツオへの日本人のイメージが良いという点もメリットとなります。

カツオをキャットフードに使用するデメリット

量が多いと黄色脂肪症(イエローファット)に

あまりにカツオを多く使用したキャットフードを毎日のように食べていると、黄色脂肪症(イエローファット)という病気になることもあるので、注意が必要です。

イエローファットとは脂肪が酸化し黄色く原色し炎症を起こした状態を言います。イエローファットともいい、脂肪が堅くなりしこりのようなものができます。

これはカツオだけでなく、マグロを始めとして青魚を多く摂取するとなる病気で、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の過剰摂取が原因で発症します。

この危険があるからカツオやマグロはキャットフードのメインには使用されないのかもしれませんね。

猫の黄色脂肪症(イエローファット)。原因は青魚や植物油の過剰摂取?対策は脂肪の酸化を防ぐビタミンE

2018年7月25日

カツオアレルギーには注意

カツオもまたタンパク質を多く含む動物原料です。アレルギーはタンパク質の構造が原因で反応するのでカツオに対してアレルギー反応が出る猫もいます。

チアミーゼによるビタミンB1欠乏症

さらにカツオにはチアミーゼという成分が多く含まれています。

チアミーゼはビタミンB1を破壊する働きがあるため摂取しすぎた猫はビタミンB1欠乏症になってしまいます。

カツオを使用したキャットフードのまとめ

猫田
以上カツオを使用したキャットフードについてまとめてきました。
鈴木さん
確かにカツオやマグロがキャットフードのメインとして使用されていることってほとんどないですよね。
猫田
私も見たことがありません。それはデメリットの項目にあるような理由が関係しているのかなと考察しています。

おすすめの魚系キャットフード!口コミ評価、評判、魚味キャットフードを一覧表で比較

2019年4月10日