キャットフードのエンドウ豆。栄養素と特徴、低アレルゲンで血糖値にも配慮した低GI食材

エンドウ豆 キャットフード
鈴木さん
キャットフードにはよくエンドウ豆が使われていますよね。特にグレインフリーキャットフードではよく目にします。
猫田
私たち人間にとっても一般的な食材ですが、猫にとってエンドウ豆はどのような栄養や役割を果たしているのかご紹介します。

キャットフードの原材料、エンドウ豆

よく使われる原材料

エンドウ豆はキャットフードによく使われるメジャーな原材料です。穀物不使用のグレインフリーキャットフードでは、特に炭水化物として使われやすい原材料となっています。

主原料の肉や魚原料に次いで多く配合されることもあり、配合量も少なくありません。

エンドウ豆・サヤエンドウ・エンドウ豆繊維の違い

キャットフードでは、エンドウ豆、エンドウ豆繊維、サヤエンドウなど、同じエンドウでも様々な表記があります。

 名前特徴
1サヤエンドウ
サヤエンドウ キャットフード
まだ皮部分(サヤ)が柔らかく種子が小さい時期。
サヤエンドウの時期は種子が発達していないので、豆類ではなく緑黄色野菜に分類される。
2エンドウ豆
エンドウ豆
成熟した種子部分。
サヤは堅くなり、豆として立派に成長するとエンドウ豆になる。
未熟なエンドウ豆はグリーンピースとも呼ばれる。
3エンドウ豆繊維
エンドウ豆 繊維
食物繊維として使われるエンドウ豆の加工品。
粉状になっているドライタイプとウェットタイプがある。
キャットフードではドライが使われる。

キャットフードではエンドウ豆が最も多く使われる印象です。エンドウ豆の場合は食物繊維として、サヤエンドウは野菜として利用されます。

エンドウ豆の栄養素

エンドウ豆の成分分析値

キャットフードによく使われるエンドウ豆の栄養素についてご紹介します。

栄養成分タンパク質21.7g
脂質2.3g
炭水化物60.4g
食物繊維17.4g
ビタミンビタミンB10.72mg
ビタミンB20.15mg
ナイアシン2.5mg
ビタミンB60.29mg
葉酸24μg
パントテン酸1.74mg
ビタミンE0.1mg
ミネラルマグネシウム120mg
リン360mg
5mg
亜鉛4.1mg
0.49mg
セレン11μg
モリブデン280μg
カロリー100g352kcal

エンドウ豆は植物性タンパク質と炭水化物が豊富で、脂質は低くなっています。またGI値という血糖値の上がりやすさを測る目安でも、エンドウ豆は22と他の炭水化物に比べて低いです。

エンドウ豆を使用したキャットフードのメリット

腹持ちが良く腸内環境を整える

エンドウ豆には炭水化物、食物繊維が豊富に含まれているので、猫の胃腸をゆっくり通っていきます。

そのため腹持ちがよく腸内の老廃物の掃除の役割も果たしてくれます。

アレルゲンになりにくい

またエンドウ豆は穀物や大豆に比べて猫のアレルゲンになりにくいメリットがあります。

アレルギーになると皮膚の炎症や下痢・嘔吐などの症状を引き起こすため、アレルゲンになりにくい食材は、アレルギー対策としておすすめです。

低GIで猫の血糖値に配慮

エンドウ豆は低GI値で血糖値が上がりにくい食材です。糖尿病傾向の猫や肥満猫にとって大切になるのが血糖値。

高GI値食材は、食べた直後に血糖値が急激に上がるので、その分血管に負担がかかりやすくまた肥満の原因にもなります。

対してエンドウ豆のような低GI値の食材は、ゆるやかに血糖値を上げていくため、糖としての吸収も穏やかでインスリンの分泌量も安定します。

穀物不使用(グレインフリー)で重宝

エンドウ豆は穀物不使用のグレインフリーキャットフードで重宝される食材です。

穀物を不使用にする代わりにエンドウ豆が炭水化物として配合されることが多いので、グレインフリーキャットフードをつくるにはエンドウ豆は重要な食材となることが多いです。

エンドウ豆を使用したキャットフードのデメリット

植物性タンパク質が多すぎると肝臓に負担がかかる

エンドウ豆にはタンパク質が豊富に含まれていますが、植物性タンパク質は分解される際、アンモニアをつくりだします

アンモニアは無毒化する必要があるので、量が多すぎると解毒を行う肝臓の負担が大きくなります

肉や魚と比べてアミノ酸量が劣る

タンパク質を構成するアミノ酸量は、やはり肉や魚原料と比べて劣ります

肉や魚原料がメインになった上でエンドウ豆がサブとして活躍するのが望ましいと考えます。

エンドウ豆を使用したキャットフード例

ロニーキャットフード

チキンを66%も配合したロニーキャットフードは、2018年に発売を開始したメーカーです。

栄養をなるべく損なわないよう加工された脱水鶏肉や鶏生肉などがほぼ半分を占め、鶏タンパク質、鶏脂の次にエンドウ豆が配合されています。グレインフリーで穀物は一切使用していません。

GO! キャットフード

created by Rinker
GO!
¥3,672 (2019/08/22 01:03:25時点 Amazon調べ-詳細)

GO!キャットフードもまたグレインフリーで穀物に代わりにエンドウ豆を使用しています。

チキンミールや生チキン、ターキー、ダックミールやサーモン、マス、フィッシュ香味料などの動物原料を使用し、続いてエンドウ豆が配合されています。

エルモ キャットフード

created by Rinker
¥3,208 (2019/08/21 14:18:45時点 楽天市場調べ-詳細)

イタリア産のエルモキャットフードは、原材料をすべてイタリアで揃えた単一動物性タンパク質が魅力のキャットフードです。

鶏肉をメインに使用していますが第二原料に米を使用しているので、グレインフリーではありません。エンドウ豆は食物繊維として、上でご紹介した不溶性エンドウ豆繊維が配合されています。

ニュートロ ナウフレッシュ

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトキャット

ニュートロ社が販売するナウフレッシュはグレインフリーで七面鳥(ターキー)をメインに使用したキャットフードです。

第一原料がターキー生肉、つづいてポテト粉、エンドウ豆を使用しています。またナウフレッシュではエンドウ豆園医も使用しています。

ニュートロ ワイルドレシピ

created by Rinker
¥3,723 (2019/08/21 07:11:41時点 楽天市場調べ-詳細)

タンパク質が42%という非常に高タンパクなキャットフード、ニュートロのワイルドレシピ。

チキンやチキンミールをメインに使用し、続いてエンドウタンパク、エンドウ豆を使っています。エンドウタンパクとはエンドウ豆に含まれるタンパク質のことで、エンドウタンパクが含まれることも42%高のタンパク質に影響しています。

キャットフードのエンドウ豆まとめ

猫田
今回はグレインフリーキャットフードでよく使われるエンドウ豆について栄養や特徴を解説しました!
鈴木さん
エンドウ豆は炭水化物やタンパク、食物繊維としても使われる便利な食材なんですね。アレルギーのリスクも低くて血糖値にも配慮しているとは知りませんでした!
猫田
はい。他の豆類について気になった方は下の記事もご覧ください。

キャットフードの豆類は穀物?豆の種類と栄養、アレルギーなど

2018年8月21日