猫にお風呂は必要?頻度や温度、シャンプーの仕方も詳しく解説!

水が嫌いであることが多い猫。しかしたまにはお風呂やシャンプーも必要なのでは?と思っている飼い主さんもいるのではないでしょうか。今回は猫のお風呂の必要性と、お風呂の入れ方、頻度や温度についてご紹介します。

猫のお風呂の必要性

必ずしも必要ではない

お風呂は体を綺麗にするために必要だと言いたいところですが、猫にはお風呂は必ずしも必要というわけではありません。

猫は自分で舐めて綺麗にする

猫は毛繕いで自分の体を舐めて綺麗にすることができます。そのためお風呂に入らなくても臭くなったり汚くなったりしにくいのです。

かえってストレスになる

また猫にとって水に浸るというのは恐怖やストレスでしかない場合もあります。お風呂好きな猫もたまにいますが、どんなに小さい頃から水に慣れさせようとしても嫌がってしまう猫も多いです。

そのようなストレスと恐怖から猫が食欲不振になったり体調を崩したりすることもあるため、お風呂は本当に必要な時にだけ入れるというのが正しいと言えます。

猫のお風呂の適正な頻度

年に2~3回弱

頻度としては多くても年に2~3回程度。室内飼いで汚れることがなければ、数年~10年以上お風呂に入らずに過ごす猫もいます。

長毛種は年2~4回

ただし同じ猫でも長く分厚い毛をもった長毛種の場合は、年2~4回のお風呂をおすすめします。

長毛種の猫は換毛期になると沢山の体毛が簡単に抜けてくるため、毛繕いによる毛玉も非常に多くなります

吐き出したり排泄されているうちはいいのですが、重症になると胃や腸を切開して毛玉を取り出さなくてはいけなくなるので、長毛種の猫は年に3~4回くらいお風呂に入った方がいいかもしれません。

お風呂に入れる前の準備

準備する物

  • 猫用シャンプー
  • 猫用の桶(おけ)
  • タオル

猫を入れてバスタブのようにできるくらいの桶と、猫を洗うための猫用シャンプーを用意します。また洗った後拭くためのタオルも忘れずに。

猫のお風呂の温度

猫のお風呂の温度は30~35度くらいのぬるま湯が望ましいです。猫は冷たい水も、熱いお湯も嫌がりますので、なるべく人肌くらいの入りやすい温度にして猫にストレスがかからないようにしましょう。

猫のお風呂に入れる方法

猫のお風呂の入れ方手順

  1. 桶にぬるま湯を2/3ほど入れる
  2. ゆっくりと足からぬるま湯に猫を入れる
  3. 猫が慣れるのをしばらく待つ
  4. シャンプーを手で少しずつ体に広げて優しく洗う
  5. 弱々しくしたシャワーか桶に湯を入れて少しずつ洗い流す
  6. 念入りに猫についた汚れと泡を優しく落とす
  7. お風呂から出たらタオルで包みこみながら優しく拭く
  8. ドライヤーを猫から30cmくらい離して乾かす
  9. 乾いたらブラッシングをして終了

温度や強さに配慮する

ポイントとしては、やはり猫のストレスにならないように、十分に配慮して洗っていくことです。特に猫は犬よりもシャンプー嫌いが多く、一筋縄ではいかないこともあるので、うっかりシャワーを強く出してしまったり、冷たい水をいきなり当ててしまったりしないように気を付けましょう。

あまりのんびり洗っていると、浸かっている時間が長くなるので猫のストレスになります。丁寧に優しく行いつつ手際よくしっかり洗い流すことが大切です。

シャンプーが目や耳、口に入らないように

シャンプーの泡が猫の目や耳、口に入らないように頭を洗う時は気を付けてゆっくり洗います。

お湯が深すぎると恐怖に

またお湯も深過ぎると猫の恐怖になります。できるだけ桶を用意して、いきなり湯船に入れたりするのはやめましょう。またまだ小さい猫の場合は桶のお湯の量も1/3や1/4にするなど調整していきましょう。