初めて飼うならどんな種類や性格の猫?性別や成長段階、遺伝性の病気のリスク

猫 飼いやすい 種類
鈴木さん

知り合いが初めて猫を飼うそうなのですが、初めて飼うならどんな猫がいいかと相談されて…。私も猫を飼って長いですが、そんなにたくさんの猫を飼ったことがないので、どんな猫種や性格の猫が初めての方にとっていいのでしょうか?

猫田

初めてといえど、どの猫がベストかどうかは、飼い主さんの性格や環境によるので一概には言えませんが、一般的に飼いやすいとされているのは社交的で神経質ではないおおらかな性格の猫かと思います。また、気を付けていても初めての場合、猫に異変があっても気づけないこともあるかと思うので、やはり病気になりにくい丈夫な猫種が安心かと思います。

ということで今回は初めて猫を飼うならどんな種類、性格、性別の猫がおすすめかを解説していきたいと思います。

生後6か月以上の方が飼いやすい

精神的な安定と問題行動の予防

初めて猫を飼うなら生後6か月を過ぎたくらいの猫が飼いやすくておすすめ。

子猫は早ければ生後2か月くらいからペットショップでの販売や保護施設からの譲渡が始まり、新しい飼い主さんに迎えられます。早いうちから迎えた方がなつきやすいと考える方が多いですが、生まれてすぐに親から離された犬は、成長しても精神的に不安定で、鳴き続けたりかみついたりなどの問題行動が起こしやすいと言われており、親元で一緒にいる時間が長い方が穏やかでメンタルも安定しやすいとされています。これは犬の話ではありますが今後、猫にも同様の影響があるとわかるかもしれません。

動物病院に連れていく回数が少ない

また、子猫のうちはワクチンや予防接種を受けたり、発情が始まる前に避妊去勢手術を行ったりと何度も動物病院に連れて行かなければなりません。動物病院に連れていくのは猫も嫌がるため、初めて飼った方でなくてもとても大変。おまけに信頼関係を築く前に何度も動物病院に連れていき怖い思いをさせると、余計に警戒されてしまいます。

生後6か月を超えた猫はすでに避妊去勢や予防接種が済んだ状態であることが多いため、動物病院に連れていく回数を最小限に、かかった料金の支払いだけで迎えることができます。

体調が安定しやすい

また、子猫時代はアレルギーが出やすく消化器官も十分に発達していないので下痢や便秘になりやすい大変な時期でもありますが、生後6か月を超えると消化器官や体も安定してくるため問題が起こりにくくなります。

混血種の方が遺伝性の病気にかかりにくい

混血種は丈夫

混血種の猫は様々な異なる遺伝子がかけ合わされるため、特定の遺伝的疾患のリスクが低く、病気にかかりにくい丈夫な猫が多いです。このため健康面やタフさで言えば混血種が飼いやすいかと思います。

純血種は遺伝的欠陥が現れやすい

反対に純血種の猫は遺伝子が近いもの同士を掛け合わせて誕生するため、遺伝的欠陥が現れるリスクが高く、先天性の病気にかかるリスクが高くなります。たとえば、先天性心疾患や聴覚障害、骨軟骨異形成、尿路疾患、多発嚢胞腎など猫種によってかかりやすい病気は異なりますが、遺伝的なものなので食事や飼い主さんの努力ではどうにもできないことが多いです。

オスの猫の特徴と飼いやすさ

性格は甘えん坊でなつきやすい

オスの方が甘えん坊でなつきやすいため、初めて飼うならオスの性格の方が飼いやすいと感じるかもしれません。日々のコミュニケーションがとりやすく、よく触れ合って関係を深めたいという方はオスの方がおすすめ。慣れたらべったり構ってくれるのもオスの方が多いように思います。

健康チェックがしやすい

オスの猫はメスより尿管が長いため、尿が滞留しやすく尿路に結晶や結石ができやすく尿路疾患にかかりやすいと言われています。

しかしオスは飼い主さんに触れられたり抱っこされたりを嫌がらないため、触ったりコミュニケーションをとりながら猫の健康チェックがしやすく、異変にも気づきやすいメリットがあります。

メスの猫の特徴と飼いやすさ

性格はツンデレ

メス猫は警戒心が強く気分じゃない時にべたべたされるのを嫌がったりすることもあるのでツンデレに感じられるかもしれません。猫のペースに合わせてコミュニケーションが取れるほっときタイプの方はメスの方がちょうどいいかもしれません。

メスの方が尿路疾患にかかりにくい

メスは尿管が短く、オスに比べれば尿路疾患にかかりにくいと言われています。猫は腎疾患や尿路疾患にかかりやすいため特に注意が必要な病気で、経験上オスは年齢を重ねればかなりの確率で尿路系の病気にかかります。さらに猫は痛みをギリギリまで我慢してしまうので、症状が深刻な状態になってから気づく飼い主さんも多いため、初めてならなるべく病気にかかりにくいメスの方が飼いやすいかもしれません。

飼いやすい人気の猫種

  • スコティッシュフォールド
  • マンチカン
  • アメリカンショートヘア
  • 混血種の猫
  • ノルウェージャンフォレストキャット
  • ラグドール
  • メインクーン
  • ロシアンブルー
  • ブリティッシュショートヘア
  • 日本猫

人気の猫種は、見た目の可愛さはもちろんのこと、社交的で穏やかな性格の種類が多く、初めての方でも飼いやすいかと思います。それぞれの猫種に良いところがあるので、飼い主になる自分の性格や一緒に暮らす家族、環境なども総合して考えると絞られてくるのではないでしょうか。

ただ、一生懸命どんな猫がいいかと考えても、実際に猫に出会ってみると、今まで考えていた条件や飼いやすさ、こんな猫がいいなという理想はどうでもよくなって、フィーリングでこの子を飼いたい!と決心する方も多いです。事前に調べる計画性は大切ですが、あまり飼いやすさで絞り込み過ぎずに実際に合って猫との相性を確かめてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。