猫の好きな食べ物と苦手な食べ物!アミノ酸が多い食べ物が好きで刺激が強い食べ物が苦手

猫 好きな食べ物 嫌いな食べ物

猫が好きな食べ物

  • 肉類
  • レバー
  • 魚類
  • かつお節
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 海苔
  • マタタビ
  • 納豆
  • ウェットフード
  • 人間の食べ物

猫はどんな食べ物が好き?

猫はタンパク質が豊富な食べ物が大好き。猫は旨み成分であるグルタミン酸等のアミノ酸を舌で感じ取ることができるため、アミノ酸によって構成されるタンパク質が豊富な食材が好きな傾向があります。また、乳製品も好みはあるものの好んで食べたがる猫が多いです。植物性の食べ物では、海苔や、納豆等を好んで食べる猫がいます。マタタビについては猫が興奮するマタタビラクトンやアクチニジンなどの麻薬成分が含まれるため、夢中になってしまいます。

また、多くの猫はウェットフードへの嗜好性が高く、風味や素材の食感を楽しめるフレークタイプやシチュータイプのウェットフードを好んで食べる猫が多いです。

猫が苦手な食べ物

  • 柑橘類
  • 香辛料
  • ネギ類(長ネギ、タマネギ等)
  • チョコレート
  • アボカド
  • ブドウ
  • 酸味が強い物
  • 穀物
  • 生の魚介類や肉類
  • 人間の食べ物

猫はどんな食べ物が苦手?

猫は柑橘類、香辛料、酢など、酸味や香りの強い物が苦手です。食べ物ではありませんが、香りが強い香水やアロマ、一部の花や植物の香りも苦手です。猫に限らず、ネギ類、チョコレート、アボカドやブドウなどは、中毒症状を引き起こすため危険な食べ物とされています。

また、口にすること自体は問題ありませんが、猫にとって消化しにくい穀物は主食として食べるにはあまり向きませんので、苦手な食べ物として挙げています。

生の魚や肉については、消化が悪く下痢や嘔吐の原因になるため、加熱して与えるようにしましょう。また、生のエビ・カニ・イカ・タコ等には、ビタミンB1を分解する「チアミナーゼ」が多く含まれるため、ビタミンB1欠乏症による神経麻痺などの危険がありますが、加熱すれば問題なく与えられます。

猫は人間の食べ物を食べたがりますが、体にとってはよくありません。塩分やミネラルが多く猫には過剰摂取になってしまいます。

どの食べ物も過剰摂取はNG、調理方法も重要

苦手な食べ物はもちろん、猫が好きな食べ物であっても、与える量や調理方法によっては猫の体にはよくありません。たとえば猫が大好きな肉類も、生肉の与えすぎは消化不良の原因になるため加熱や細かくカットすることが必要ですし、レバーの与え過ぎは食欲不振、関節炎の原因となります。

また、ミネラルの多い海苔やかつお節なども直ちに影響が出ませんが、多く摂取し過ぎると腎臓に負担をかけるため、量や頻度には注意が必要です。

このように猫が好きな食べ物や与えても問題ないとされる食べ物でも、食材そのものを与える場合には、少なめの量を心がけて高頻度で与えないように配慮する必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。