キャットフードのタラ。栄養と成分の特徴、ヘルシーで低脂質ながらタンパク質やビタミンが豊富!

タラ キャットフード
鈴木さん
キャットフードに使われる白身魚の代表格、タラについて教えてください。
猫田
タラは魚系のキャットフードの中でも白身魚に配合されていることが多い魚原料ですね。タラについて詳しく見ていきましょう。

キャットフードの原材料:タラ

タラ(鱈)について

タラ(鱈)は、冷たい海に多く生息する深海魚で、海に住む他の魚や貝類などを食べています。

タラと一言で言っても、マダラ、スケソウダラ、タイセイヨウダラなど様々な種類があり、サイズも小ぶりのものから両手では収まらない大ぶりのタラまで、種類によって大きさが異なってきます。

日本では鱈は冬が旬の魚で「鱈鍋」にして食べられたりもします。他の料理では、フライや照り煮、ムニエルなどこってりとした味付けや調理法の料理に使われることが多い印象です。

キャットフードで使われることは少ないですが、タラの卵巣はタラコ、精巣は白子として食べられています。

魚系キャットフードに使用

タラは魚系のキャットフードに配合されることが多く、また白身魚や白身魚ミールのような、いろんな白身魚が入った原材料に含まれていることも多いです。

淡泊であっさりとした身は、白身魚の代表格で、下記の白身魚の特徴とほぼ同じと言っていいでしょう。

白身魚 キャットフード

キャットフードの白身魚。アレルギーのリスクは低いがどの魚を使っているか特定できない

2019年8月21日

タラの栄養素

低脂質・低カロリー、ビタミンやミネラルが豊富

タンパク質15.27g
脂質0.41g
炭水化物0g
食物繊維0g
ビタミンビタミンB121.98μg
ビタミンD 20 IU
ビタミンE0.54mg
コリン65mg
灰分ナトリウム303mg
カリウム235mg
カルシウム8mg
リン281mg
マグネシウム20mg
鉄分0.16mg
亜鉛0.31mg
0.019mg
カロリー69kcal

タラは脂質量やカロリー値を見ても、非常にヘルシーであることがわかります。ヘルシーでありながら動物性タンパク質はきちんと摂取できる点は猫にとって大きなメリットです。

またビタミンAやビタミンB12、ビタミンDなどビタミン類が豊富なのもタラの特徴です。

タラをキャットフードに使用するメリット

あっさり味好みの猫にヒットしやすい

タラは淡泊であっさりとした身が特徴です。そのため、猫がさっぱりとしたキャットフードを好んで食べる場合、タラを使用したキャットフードは猫の好みにヒットしやすいと思います。

こってりと脂が多いキャットフードに比べて食べやすく飽きられにくいというのもメリットとしてあげられます。

低脂質・低カロリーでヘルシー

また栄養でもお話しましたが、タラは低脂質・低カロリーでヘルシーな原材料です。

肉類や青魚に比べてタラのような白身魚は脂質量が少ないので、肥満気味の猫や体重管理をされたい方にもおすすめです。

比較的コストが抑えられる

タラは魚系のキャットフードの中では比較的価格を抑えられる原材料と言えます。身が大きく漁獲量も多いため、他の魚よりも安価に仕入れやすいメリットがあります。

タラをキャットフードに使用するデメリット

タラ単体のキャットフードは少ない?

キャットフードでは、タラ単体で原材料に配合しているメーカーは珍しく、多くは白身魚、ホワイトフィッシュのように、複数の魚と配合しています。

タラという原材料が使用されているキャットフードを探すと選択の幅は狭まるかと思います。

物足りなく感じる猫も

タラはヘルシーでさっぱりとした味がメリットですが、猫によっては物足りないと感じる猫もいるかもしれません。

今まで脂質量が多いキャットフードを食べていた場合、多くの量を求めてきたり、反対に全く食べない、なんてことも考えられるので、猫の好みに合わせてみましょう。

キャットフードのタラまとめ

猫田
今回はタラについてお話してきました。下の白身魚の記事や魚系おすすめのキャットフードなど見てみてはいかがでしょうか。
白身魚 キャットフード

キャットフードの白身魚。アレルギーのリスクは低いがどの魚を使っているか特定できない

2019年8月21日

【おすすめ】魚系キャットフードランキング!口コミ評価、価格や原材料を一覧表で比較

2019年4月10日
魚 キャットフード

キャットフードの魚介類一覧。種類と栄養や特徴を比較まとめ!

2018年9月10日

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。