【2018年】オーガニック認証された安全なキャットフード比較ランキング

猫田
猫が毎日の主食として食べることになるキャットフード。室内飼いなら特に、飼い主さんから与えられる食べ物が愛猫にとって「食」のすべてになるわけです。
鈴木さん
そんな猫のために農薬や化学肥料などが使用されていない猫の健康と安全が第一のキャットフードを選びたいと考える飼い主さんも多いですよね。

オーガニック認証有のみのランキングだから安心

当サイトでは、本当のオーガニックキャットフードを探している飼い主さんと愛猫のためにオーガニック認証を受けているキャットフードに限って比較したおすすめランキングを作成しました。

認証基準と認証内容チェック

猫田
おすすめランキングでは何%以上のオーガニック基準を満たしたキャットフードなのかも一緒に比較してご紹介します。
鈴木さん
海外のキャットフードの場合、日本語に訳す時点で間違えている可能性もあるので、英語で書かれた公式サイトの認証内容やマーク表示を確認しましたね!
猫田
オーガニックの割合だけではなく、栄養成分のバランスなども比較しながら、おすすめのオーガニックキャットフードを比較したので、これからオーガニックキャットフードを探そうとしている方には、ぜひ参考にしていただきたいですね!

【ドライ】オーガニックキャットフードおすすめランキング

順位メーカー穀物価格
(1.5kg換算)
第1位オーガニクス
チキン&スイートポテト
3,060円
第2位ヤラー
グレインフリー
5,737円
第3位ギャザー
フリーエーカー
5,191円
第4位
アーガイルディッシュ
ワルト・キャット
3,498円
第5位テンダー&トゥルー
チキン
約2,455円
※2018/9/3現在
ランク外デフ
アダルトチキングルテンフリー
3,796円
フォルツァ10
エブリデイビオチキン
3,456円

おすすめランキング第1位
オーガニクス(チキン&スイートポテト)

おすすめ度★★★★★
オーガニック割合95%以上
オーガニック認証機関USDA
主な原材料鶏肉、チキンミール、ピープロテイン、サツマイモ、エンドウ豆、ひよこ豆など
対象成猫用
魅力な点グレインフリー
乳酸菌なども配合
気になる点1.3kgで購入すると2.7kgと同じくらいの価格

オーガニクスについて

オーガニクスはキャスター&ポラックスが販売するオーガニックキャットフードです。

特にオーガニクスのチキン&スイートポテトはタンパク質32%以上、脂質は14%となっており、高タンパク・脂質は抑えめになっています。アレルゲンになりにくい食材が多く、またレバーやクランベリー、乳酸菌など含まれている食材も豊富です。猫の健康面や栄養バランスなども良く考えられています。

オーガニクスの価格比較

オーガニクスの価格は、

  • 2.7kg 5,508円
  • 1.5kg換算 3,060円
  • 800g換算 1,632円
と販売が2.7kgになるため、他のオーガニックキャットフードと比べて価格が安く設定されています。販売価格が2.7kgで5,508円なので、1.5kgに換算すると3,060円。他のオーガニックキャットフードよりも1,000~2,000円ほど安くなります。

オーガニクスの賞味期限

ただオーガニクス(チキン&スイートポテト)は賞味期限が短いため劣化しやすいデメリットがあります。1.3kgだと2.7kgと同じくらいの価格になるので大容量になりますが、2.7kgがおすすめです。開封後の保存場所や保存方法には気を遣いましょう。食べきるまでに時間がかかる一匹飼いの方の場合は特に保存の仕方に工夫が必要です。

猫田さんから一言

猫田
オーガニックキャットフードの中でバランスが良くグレインフリーでありながら、他のオーガニックキャットフードよりも安く価格面で負担が少ないところが高評価のポイントです。賞味期限のネックはありますが、グレインフリーで高タンパク・低脂質、栄養バランスも良いと思います。堂々の第1位にランクインです。

おすすめランキング第2位
ヤラー(グレインフリー)

おすすめ度★★★★★
オーガニック割合96%
オーガニック認証機関Skal(オランダ)、KRAV(スウェーデン)、Debio(ノルウェー)
主な原材料鶏肉、グリーンピース、イエローピース、タピオカ、鶏脂、ひまわりの種皮
対象全成長期
魅力ポイント3国の認証機関で認定
全成長段階に対応
工場を公開
気になる点価格が高め

ヤラーについて

ヤラーはオーガニックに徹底的にこだわったキャットフードです。またヤラーはオーガニック原材料でなく、製造過程や衛生管理、整備などの安全管理の認証機関であるISO22000にも登録しており、工場も公開しています。

ヤラーのオーガニックキャットフードは3種類あり、割合はグレインフリー96%、フィッシュ95%、チキンはなんとオーガニック100%認定(認証機関3カ所すべて)が出ています。割合で言えばオーガニック100%のチキンがおすすめですが、栄養バランスや穀物の配合量などを見ると96%のグレインフリーキャットフードの方がおすすめです。

ヤラーのグレインフリーオーガニックキャットフードは、タンパク質が32%でありながら脂質は13.5%。カロリーも100gあたり344kcalと抑えめになっています。肥満が気になる猫やヘルシーなキャットフードを求めている方にもおすすめです。

ヤラーの価格比較

ヤラーのグレインフリーオーガニックキャットフードの価格は、

  • 2.4kg 9,180円
  • 1.5kg換算 5,737円
  • 800g換算 3,060円
と他のオーガニックキャットフードと比べても高いです。価格の面ではデメリットの感じる方も多いかもしれません。

猫田さんから一言

猫田
価格の負担が大きい分ヤラーはオーガニックだけにこだわるのではなく製造過程や衛生面などキャットフードのすべての安全面への徹底ぶりがうかがえます。そのため、価格は気にしないので安全なキャットフードを猫に与えたい、と考える飼い主さんにはヤラーが最もマッチするかもしれませんね。

おすすめランキング第3位
ギャザー(フリーエーカー)

おすすめ度★★★★☆
オーガニック割合95%以上
オーガニック認証機関COR(カナダ)、USDA(アメリカ)
主な原材料チキン、乾燥チキン、エンドウ豆、レンズ豆、鶏脂肪、フラックスシードなど
対象成猫用
魅力ポイントグレインフリー
ベリーを使用
レンダリングミール(肉粉)不使用
気になる点価格が高め

ギャザーフリーエーカー

ギャザーフリーエーカーは、カナダが原産のUSDA(アメリカ)とCOR(カナダ)のオーガニック認定を受けるグレインフリーのオーガニックキャットフードです。

タンパク質量はグレインフリーの割に30%程度とまずまずなところですが、バランスが良く平均点の高いオーガニックキャットフードといった印象を持ちます。ギャザーはチキンと豆類がメインとして使われていますが、ブルーベリーやクランベルーなどのベリー系原材料も豊富に含まれています。

ギャザーの価格比較

ギャザーの価格は、

  • 1.81kg 6,264円
  • 1.5kg換算 5,191円
  • 800g換算 2,768円
1.81kgの販売価格で6,264円、1.5kgに換算すると5,191円とオーガニックキャットフードの中ではやや高めになっています。

猫田さんから一言

猫田
ギャザーフリーエーカーはグレインフリーで低アレルゲンな食材を使用しています。ギャザーのキャットフードに含まれるブルーベリーやクランベリーには食物繊維が多く、特にクランベリーにはキナ酸という疲労回復やシュウ酸カルシウム結石の対策として利用される成分が含まれているため、猫の尿路結石予防にも効果的です。

おすすめランキング第4位
アーガイルディッシュ(ワルト・キャット)

おすすめ度★★★★☆
オーガニック割合95%以上
オーガニック認証機関ACO(オーストラリア)
主な原材料カンガルー肉、ラム肉、サワラ、アミキリ、ジャガイモ、玄米、キヌア、アマランサス、チアシードなど
対象成猫用
魅力な点高タンパク&低脂肪
低アレルギー
様々な食材を使用
気になる点味の違いが大きいかも?
賞味期限が短い
持続性に疑問符

アーガイルディッシュについて

アーガイルディッシュワルト・キャットはオーストラリア原産で、ACOというオーガニック認証機関で認定されたオーガニックキャットフードです。肉や魚、野菜、チアシード、フルーツなど様々な食材が使用されています。

魅力として大きいのは、高タンパク質(36%)でありながら低脂肪(11%)で抑えている点。カンガルー肉やラム肉は脂質が少ないので、キャットフードもヘルシーに仕上げられています。

穀物は含まれていますが、アレルゲンになることが比較的少ないと言われる玄米、また疑似穀物であるキヌアやアマランサスなどが使用されています。

アーガイルディッシュ価格比較

アーガイルディッシュ ワルト・キャットの価格は、

  • 2kg 4,665円
  • 800g 810円
  • 1.5kg換算 3,498円
オーガニックキャットフードで見ると価格は良心的と言えます。

猫田さんから一言

猫田
カンガルー肉やオーストラリアのサワラなど、他のキャットフードとは違った珍しい原材料を使用している特徴が見てとれます。タンパク質量は調べたオーガニックキャットフードに中で最も高いので、高タンパク食を与えたい方にはおすすめです。ただ珍しい食材だけあり、食べ慣れない味や風味に戸惑うことも考えられるため、キャットフードの切り替えには気を付けた方がいいかも…?

おすすめランキング第5位
テンダー&トゥルー(チキン)

おすすめ度★★★★☆
オーガニック割合95%
オーガニック認証機関USDA
主な原材料鶏肉、チキンミール、タピオカデンプン、エンドウ豆、ジャガイモ、ひよこ豆等
対象成猫~
魅力な点・グレインフリー
・栄養が豊富なレバーが含まれる
気になる点販売しているサイトが少ない
ドルの支払い
ポンドでも購入

テンダー&トゥルーについて

テンダー&トゥルーはアメリカのメーカーでUSDAから認定を受けている95%以上のオーガニックキャットフードです。チキン味の他にターキー味もあり、そちらもグレインフリーとなっています。栄養が豊富なレバーなども含まれており、栄養価が高いです。またタンパク質量は30%程度ですが、オメガ脂肪酸は他のオーガニックキャットフードよりも豊富に含まれています。

テンダー&トゥルーの価格比較

テンダー&トゥルーのキャットフードはほとんどのサイトで販売されていない上に店頭の販売も見つけられませんでした。

Amazonで購入することはできますが、ドルでの支払いになるため面倒かもしれません。

  • 3ポンド 21ドル前後
  • 800g換算 約1,309円
  • 1.5kg換算 約2,455円
Amazonで販売がなくなれば持続して購入できなくなってしまうことも考えられるため、若干の心配はあります。

猫田さんから一言

猫田
テンダー&トゥルーはオーガニックキャットフードとしてデメリットが少なく、グレインフリーでオメガ脂肪酸も豊富なメリットがあります。ただ購入サイトや日本で購入し続けられるかという点では心配が大きいかもしれません。価格を日本円になおしてみるとお得ですが、円とドルの関係によって価格や変わるため参考程度にお考えください。

ランキング外になった認証済オーガニックキャットフード

デフ(アダルトチキングルテンフリー)

おすすめ度★★★☆☆
オーガニック割合95%以上
オーガニック認証機関デメター、ビオ、フェアビオ
主な原材料鶏肉、大豆、米、ソバ、トウモロコシ
対象成猫用

キャットフードの基準に厳しいドイツで生産されたデフ。数値だけで見るとクリアしたオーガニック基準は「90%以上」ですが、オーガニックの認証機関であるデメター直営のキャットフードということもあり、キャットフードの安全性は非常に高いと言われています。

  • 3.2kg 8,100円
  • 1.5kg換算 3,796円
販売価格は3.2kgで8,100円のため、1.5kg換算にすると3,796円になります。

デフがランク外になった理由としては、大豆やトウモロコシ、ソバ、米などのアレルゲンになりやすい穀物(グレイン)や豆が含まれてしまっているところです。グルテンフリーなので、穀物の中で最もアレルゲンになりやすいと言われている小麦は使用されていませんが、他のアレルゲンは多く含まれています。またカロリーが390kcal/100gと高いところも欠点になり、ランキングには入りませんでした。

猫田さんから一言

猫田
厳しい基準をクリアしているためオーガニックとしての品質は良いと言えます。グレインフリーではなくグルテンフリーのキャットフードを探していた方にはおすすめです。

フォルツァ10(エブリデイ ビオ チキン)

おすすめ度★★★☆☆
オーガニック割合95%以上
オーガニック認証機関IFORM(国際有機農業運動連盟)、CCPB(イタリア)
主な原材料鶏肉、そら豆、スイートコーン、スペルト小麦、鶏脂肪、ひまわり油など
対象成猫~

フォルツァ10はイタリア原産のオーガニックキャットフードで、イタリアのオーガニック機関であるCCPBと国際的なIFORM(有機農業運動連盟)の認定を受けています。

フォルツァ10の原材料として多く使用されているそら豆は、豆の中でも高タンパクで食物繊維が豊富に含まれています。猫のアレルゲンに特になりやすい小麦が含まれていますが、この小麦は「スペルト小麦」と言って品種改良がほとんどされていないため、小麦アレルギーを発症しにくい特徴があります。

  • 1.5kg 3,456円
フォルツァ10エブリデイビオチキンは、1.5kgで販売価格は3,456円です。

猫田さんから一言

猫田
フォルツァ10は鶏肉だけでなく魚粉や海藻などを豊富に使っています。ただタンパク質量が26%と低めで、スイートコーンやスペルト小麦などの糖質(炭水化物)が多いため、ヘルシーとは言えないかもしれません。

【ウェット】おすすめオーガニックキャットフード

ウェットタイプのオーガニックキャットフードもランキングにするつもりでしたが、ウェットフードの場合、一般食と総合栄養食があるため比較する項目や基準が変わってきます。

そのためウェットタイプのオガーニックキャットフードはランキング形式にはせず、一般食か総合栄養食かをご紹介した上で解説しながら批評、おすすめしていきたいと思います。

ウェットタイプのオーガニックキャットフード比較一覧

 アルモネイチャーヤラーフォルツァ10オーガニクスプレイアーデン

割合95%以上95~100%95%以上95%以上100%
認証機関AgenceBIOSkal
KRAV
Dibio
CCPBUSDABiokreis
原産国フランスオランダイタリアアメリカドイツ
種類一般食一般食一般食総合栄養食総合栄養食
穀物
内容量70g
100g
100g
400g
100g85g200g
価格237円
267円
389円
853円
280円486円1,058円

ウェットでおすすめ:アルモネイチャー

アルモネイチャーのオーガニックキャットフードはフランス産、認証もagenceBIOというフランスの認証機関で受けています。パテタイプとスープタイプの二種類があり、味や食感の種類も豊富です。

シリアル(穀物)が含まれているためグレインフリーのキャットフードではありません。

猫田さんから一言

猫田
70~100gでアルミトレイやパウチになっていますが、価格は237~267円と安く購入できるのがポイントです。ただ一般食のため、猫に与えるときにはおかずやおやつとして与えましょう。

ウェットでおすすめ:ヤラー

ヤラーはドライフードだけなくウェットフードもあります。サイズは100gと400gがありますが、いずれも総合栄養食という表記がないので一般食だと思われます。

ウェットフードでもチキン味はオーガニック100%の認証を受け、他の味でも95%以上の割合の認証を受けています。原材料を確認してもほぼすべてのウェットフードがグレインフリーでした。

猫田さんから一言

猫田
ヤラーはドライフード同様、ウェットフードでも3つの認証機関に認定を受けて認証されています。認証された割合をしっかり記載しているので「何%以上」ではなく「何%で認証された」という正確な数字を知ることができて安心です。

ウェットでおすすめ:フォルツァ10

フォルツァ10のウェットオーガニックキャットフードは、イタリアのCCPBで認証を受けています。味はチキンとビーフで、ドライフードと一緒に混ぜて食べるおかず(一般食)として利用します。

原材料を見ても穀物は入っていないかったのでグレインフリーとしています。

猫田さんから一言

猫田
パテタイプのフォルツァ10のオーガニックキャットフードはグレインフリーですが、他のウェットタイプのキャットフードより価格は低めで購入しやすいのではないでしょうか。チキンとビーフと味は少ないですがかえって選びやすく迷うこともないと思います。

ウェットでおすすめ:オーガニクス

ドライフードでは1位にランクインしたオーガニクスはウェットフードもあります。ターキー、チキン、ターキー&チキンと3種類ありますが、いずれもグレインフリーとなっています。

オーガニックのウェットフードは一般食が多いですが、オーガニクスなら猫に毎日の食事として与えることができます。

猫田さんから一言

猫田
オーガニクスのウェットフードメリットとして大きいのは、やはり総合栄養食であることです。毎日ウェットタイプのオーガニックキャットフードを与えたい場合は総栄養食を選ぶ必要あるので便利だと思います。

ウェットでおすすめ:プレイアーデン

可愛いパッケージが印象的なプレイアーデンですが、こちらもグレインフリーであり総合栄養食のオーガニックキャットフードです。

ドイツが原産国で、Bioで100%オーガニック認定を受けています。味は3種類あり、ビーフレバー、チキンレバーそしてビーフ&チキンレバーとなっています。

猫田さんかた一言

猫田
他にはない可愛い見た目のプレイアーデンはプレゼントとしても購入される方が多く女性ファンも多いようです。プレイアーデンもまた総合栄養食のオーガニックウェットフードなので、ウェットタイプのオーガニックキャットフードを探されている方は要チェックです。

オーガニックキャットフードまとめ

いかがでしたでしょうか。この記事ではオーガニックキャットフードについて徹底調査して、おすすめのキャットフードを表やランキングにしてご紹介してきました。

オーガニックの認証を受けたキャットフードの数は少ないですが、その分、認証をきちんと受けている生産者やメーカーさんの安全性へこだわりは強いと思います。

ぜひ愛猫が気に入る美味しいオーガニックキャットフードを選んであげてください。