キャットフードの肉原料一覧。各動物の栄養素と特徴を比較表でまとめ!

肉 キャットフード 種類 
鈴木さん
キャットフードには様々な動物の肉が使われていますが、どのような肉がつかわれていますか?
猫田
では今回は私が調べたキャットフードで使われていた動物の肉を一覧にしてご紹介したいと思います。

キャットフードに使われる肉原料一覧

肉の種類一覧特徴
鶏肉(チキン)
チキン キャットフード 鶏肉
・メジャーな肉原料
・高タンパク質
・バランスが良い
・流通数が多く安定供給が可能
七面鳥肉(ターキー)
キャットフード ターキー 七面鳥
・ヘルシー
・高タンパク質
・流通数が多く安定供給が可能
鴨肉・アヒル肉(ダック)
ダック アヒル 鴨 キャットフード
・非常に高脂肪
・タンパク質量は低め
・アレルギーに配慮
牛肉(ビーフ)
牛肉 キャットフード
・メジャーな肉原料
・高タンパク質
・高脂肪
・流通数が多く安定供給が可能
豚肉(ポーク)
豚 肉 キャットフード
・ビタミンB群が豊富
・高タンパク質
・高脂肪
・流通数が多く安定供給が可能
羊肉(ラム)
ラム肉 キャットフード 羊
・メジャーな肉原料
・アレルギーに配慮
・若干クセがある
鹿肉(ベニソン)
・珍しい原材料
・高タンパク
・ヘルシー
・アレルギーに配慮
・細菌感染のリスクが低い
・ニュージーランド産が多い
カンガルー肉
カンガルー キャットフード
・珍しい原材料
・ヘルシー
・アレルギーに配慮
・基本的に野生のジビエ肉
・オーストラリア産、ニュージーランド産が多い
馬肉(ホース)
馬 肉 キャットフード
・珍しい原材料
・ヘルシー
・非常に高タンパク
・細菌感染のリスクが非常に低い
うさぎ肉(ラビット)
・珍しい原材料
・ヘルシー
・ヨーロッパ産が多い
・低脂質
ミートミール
家禽ミール
・よく使用される原材料
・タンパク質が豊富
・具体的な肉の種類は不明
・糞尿や爪、被毛などは除かれている

鶏肉(チキン)

最もキャットフードでメインの肉原料として使用されるのが鶏肉(チキン)です。

高タンパクで脂質の量もちょうど良く、猫に必要な栄養もバランス良く摂取できるため、多くのキャットフードで使われています。

チキン キャットフード 鶏肉

キャットフードのチキン(鶏肉)の栄養素と成分の特徴、効果、キャットフード例を紹介。

2019年6月4日

七面鳥(ターキー)

七面鳥(ターキー)は、チキンと同様、メインの食材としてキャットフードに使用されます。高タンパクでありながらさっぱりとしていて、脂質もチキンより少ないためヘルシーです。

チキンのキャットフードにも、サブの肉原料として使用されることがあります。

キャットフード ターキー 七面鳥

キャットフードのターキー(七面鳥)の栄養素と成分の特徴、効果、キャットフード例を紹介。

2019年6月5日

鴨・アヒル(ダック)

ダック肉はタンパク質も脂質も高めです。アレルギー療法食に使われていることもあります。

鴨肉もアヒル肉も生物的な違いはなく、海外ではダックと一括りで表現されます。

ダック アヒル 鴨 キャットフード

キャットフードのダック(鴨肉・アヒル肉)の栄養素と成分の特徴、効果、キャットフード例を紹介。

2019年6月6日

その他の鳥類

鳥は猫にとって昔から食べてきた動物なので、上記以外の鳥類もキャットフードに使用されることがあります。

  • キジ
  • ダチョウ
  • エミュー

牛肉(ビーフ)

牛肉は高タンパクで高脂肪な肉原料です。高脂肪な点と猫がアレルギー症状を引き起こしやすいデメリットはありますが、キャットフードでもよく使用されます。

また野生化で生活をしている牛の仲間バイソン肉(バッファロー)を使用したキャットフードもあります。ただ販売しているメーカーは非常に限られます。

牛肉 キャットフード

キャットフードのビーフ(牛肉)の栄養素と成分の特徴、BSE(狂牛病)やアレルギーの心配

2019年5月27日

豚肉(ポーク)

豚肉は高タンパクで高脂肪、ビタミンB群が豊富に含まれる肉原料です。キャットフードでも使用されますが、チキンやビーフほど種類は多くありません。

豚の仲間であるイノシシもジビエ肉としてキャットフードで販売されることがありますが、豚肉よりも流通数は圧倒的に少ないです。

豚 肉 キャットフード

キャットフードのポーク(豚)。栄養素と成分の特徴、効果、キャットフード例を紹介。

2019年6月7日

羊肉(ラム)

ラム肉とは生後12か月までの羊の肉です。日本で羊肉が食卓並に並ぶことは少ないですが、世界的にみると1.2を争うほど食べられている肉原料と言います。

ラム肉はアレルギーを和らげる成分や皮膚の健康を保つ成分が含まれているから、キャットフードの中でもアレルギー療法食によく使用されます。

羊によく似たヤギもキャットフードに使われることがありますが珍しく、ラムほど多くは使われていません。

ラム肉 キャットフード 羊

キャットフードのラム(羊肉)の栄養素と成分の特徴、アレルギーの原因のヒスタミンを抑制。

2019年6月20日

鹿肉(ベニソン)

鹿肉は高タンパクでありながら低脂質なヘルシー肉です。運動量が多く体温が高いことから最近感染のリスクも少ないと言われています。

広大な大地が広がるニュージーランド産のキャットフードに多い傾向があります。日本ではペット用で野生の鹿を使ったジビエ生肉が販売されていることがあります。

おすすめの鹿肉(ベニソン)キャットフード!高タンパク・低脂肪、栄養豊富な鹿肉を特集!

2018年12月24日

鹿肉(ベニソン)は猫にぴったり!高たんぱく、低脂質、低カロリーのヘルシー食材

2016年12月12日

カンガルー

海外だとたまにキャットフードに主原料としてカンガルー肉が使用されていることがあります。

日本人からすると動物園でみる動物のため抵抗もあるかもしれませんが、運動量が多くかなりガッシリした体型なので、高タンパク低脂質な肉原料です。

カンガルーはオーストラリアのような広大な土地で暮らしており、家畜として飼育し繁殖させるのは困難という理由から、原産国はオーストラリアやニュージーランドがほとんどです。

カンガルー キャットフード

キャットフードのカンガルー肉。栄養素と特徴、完全ジビエの安定供給への心配は?

2019年8月18日

馬肉(ホース)

馬肉は生でも食べられるほど寄生虫や細菌の心配がないと言われる安全性の高い肉原料です。

高タンパクで低脂質とまさに理想の肉原料ですが、海外では馬の食肉を禁止している国もあることから流通数は少なく、馬肉を使用したキャットフードも非常に数は少ないです。

馬 肉 キャットフード

キャットフードの馬肉(ホース)の栄養素と成分の特徴、ホース使用のフード紹介

2019年6月27日

うさぎ肉(ラビット)

ウサギ肉はヨーロッパ産のキャットフードに多く、高タンパク低脂質な肉原料となっています。

日本ではウサギ肉はあまり一般的ではありませんが、ヨーロッパではスーパーにウサギ肉がおかれるほどポピュラーな食材です。

おすすめのウサギ肉キャットフード総合栄養食5選!ラビット肉の特徴やメリットを解説

2019年5月6日

ミートミール・家禽ミール

最後によくキャットフードの肉で話題にあがるのがミートミールや家禽ミールです。

ミートミールとは複数の動物の内臓や肉などをレンダリングされてつくられた肉原料です。家禽ミールは飼育されている鳥をレンダリングして作られた肉原料です。

ミートミールと家禽ミールの共通点としては、具体的に「なんの」動物の肉が使用されているのかわからないところにあります。

家禽ミールはどこのどの鳥が使われているのかわかりません。またミートミールに関しては、なんの動物が使われているのかもわからないため、製造時期やロットによって使用される種類や割合がわかる可能性もあります。

家禽(かきん)ミール、ミートミールとは?狂牛病の原因にもなった4Dミートに注意

2016年12月2日

キャットフードの肉原料一覧表。種類と特徴まとめ

猫田
以上今回はキャットフードの肉原料についてまとめてきました。ミートミールと家禽ミールについては、タンパク質量や脂質量が変わるので、表からは省きました。
鈴木さん
同じ肉でもそれぞれ豊富な栄養素や強みがあるんですね。猫のためにもメインの食材となる肉原料について勉強しながらキャットフードを選ばなければいけないなと思いました!

2019年キャットフードランキング!S~Gランク紹介【口コミ、おすすめ】

2016年8月29日