キャットフードの魚介類一覧。種類と栄養や特徴を比較まとめ!

魚 キャットフード
鈴木さん
キャットフードにはサーモン、サバ、白身魚、フィッシュミール、魚油、オキアミ、緑イ貝など様々な魚介類が使われていますね。
猫田

猫にとって特に必要とされる「動物性タンパク質」は肉だけでなく魚介類からも摂取できます。また栄養素の中にはオメガ3脂肪酸など、魚介類にしか多く含まれない成分もあるので、魚の栄養素も猫にとってはとても重要です。

ここではキャットフードに使われる魚介類の栄養素の特徴を詳しくご紹介します。

キャットフードの魚介類の栄養

青魚や赤身魚の栄養

青魚・赤身に分類される魚には、タンパク質だけでなく脂質も多く含まれる傾向があります。

青魚の脂質には、食事から摂取する必要がある必須脂肪酸で、抗炎症作用をもつEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

白身魚の栄養

白身魚は、タンパク質が豊富ですが脂質が少なくさっぱりとした身で、青魚や赤身魚に比べると栄養価が高くはありません。

しかしヘルシーなキャットフードに仕上げるには良い食材で、さらに極端に多い成分がないことからバランスが崩れにくいのもレシピに取り入れやすいメリットの一つです。

ただ白身魚の中にも、サーモンやタイなどように脂質が多い魚もあるので、魚それぞれで見ていくのがいいかと思います。

貝類や甲殻類の栄養

貝類には、動物性タンパク質はもちろんタウリンも豊富に含まれています。またビタミンB12やレチノールなど、動物性原料からしか摂取できない栄養も豊富に含まれています。

甲殻類の例としては、オキアミ(エビの仲間)やエビ、カニなどが挙げられます。動物性タンパク質、オメガ3脂肪酸のEPA・DHA、エビやカニにはアスタキサンチンという抗酸化物質も含まれています。

【一覧表】キャットフードの魚介類と豊富な栄養

分類魚の種類豊富な栄養表記例
白身魚サーモン
・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・アスタキサンチン
・ビタミンB群
・ビタミンE
・サーモン
・サケ(鮭)
・トラウトサーモン
・サーモンオイル
タラ
タラ キャットフード
・タンパク質
・ビタミンD
・ビタミンB12
・ヨウ素
・セレン
・リン
・タラ
・コッド
・スケソウダラ
・白身魚
カレイ・ヒラメ
ヒラメ カレイ キャットフード
・タンパク質
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンB群
・リン
・セレン
・ヨウ素
・カレイ
・ヒラメ
・フラウンダー
・白身魚
トビウオ
トビウオ キャットフード
・タンパク質
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・リン
・トビウオ
・アゴ
・フライングフィッシュ
マス
マス キャットフード 魚
・タンパク質
・ビタミンD
・ビタミンB群
・リン
・カリウム
・マス
・トラウト
・白身魚
サワラ
サワラ キャットフード 魚
・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンD
・ビタミンB群
・リン
・亜鉛
・カリウム
・サワラ
・スパニッシュマッカレル
タイ
タイ キャットフード
・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンB群
・リン
・セレン
・マグネシウム
・カリウム
・タイ
・マダイ
青魚サバ
サバ キャットフード
・タンパク質
・脂質
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンD
・ビタミンB群
・リン
・セレン
・サバ
・マッカレル
・太平洋サバ
ニシン
ニシン ヘリング キャットフード
・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンB群
・リン
・ニシン
・ヘリング
・ニシン油
マグロ
マグロ キャットフード ツナ
・タンパク質
・ビタミンD
・・ビタミンB群
・カリウム
・リン
・セレン
・ツナ
・マグロ
・メバチ
カツオ
カツオ キャットフード
・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンd
・ビタミンB群
・セレン
・リン
・カツオ
・ボニー
・鰹節
イワシ
イワシ キャットフード 魚
・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンD
・ビタミンB群
・リン
・セレン
・イワシ
・サーディン
混合フィッシュミール
魚 キャットフード
※配合される魚による様々な魚を混合
白身魚ミール
白身魚 キャットフード
※配合される魚による様々な白身魚を混合
甲殻類オキアミ
キャットフード オキアミ
・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・オキアミ
・南極オキアミ
・クリル
貝類緑イ貝
緑イ貝 キャットフード
・タンパク質
・タウリン
・グルコサミン
・コンドロイチン
・緑イ貝
その他スズキ・タンパク質
・ビタミンA
・ビタミンD
・ビタミンB群
・リン
・マグネシウム
・スズキ
・シーバス
・白身魚
アンコウ・タンパク質
・ビタミンB12
・アンコウ
・白身魚
キス・タンパク質
・ビタミンD
・ビタミンB群
・リン
・シロギス
・アオギス
・白身魚
ギンヒラス・タンパク質
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンB群
・カリウム
・リン
・ギンヒラス
・シルバー
メルルーサ・タンパク質
・ビタミンB12
・シルバーヘイク
・ヘイク
・白身魚

【おすすめ】魚系キャットフードランキング!口コミ評価、価格や原材料を一覧表で比較

2019年4月10日

サーモン

キャットフードで最も人気な魚原材料がサーモン(鮭)です。サーモンは「アスタキサンチン」という赤い色素によって身が赤くなっていますが、白身魚に分類されます。ただサーモンは脂質も多いためオメガ3脂肪酸も豊富に含まれています。

サーモンそのものが使用されることも多いですが、サーモンオイルのように魚油として用いられることも多いです。

キャットフードのサーモンの栄養の特徴!猫のアンチエイジングフードだった

2016年12月26日

タラ

タラ キャットフード

タラは白身魚の代表格で、淡泊であっさりしたキャットフードによく使用されます。タラは脂質や炭水化物が非常に少ないので、ヘルシーなキャットフードを作るのにも便利な魚です。

また白身魚ミールの大部分はタラであるとも言われています。タラはヨウ素とセレンが豊富な変わった魚です。

タラ キャットフード

キャットフードのタラ。栄養と成分の特徴、ヘルシーで低脂質ながらタンパク質やビタミンが豊富!

2019年8月23日

カレイ・ヒラメ

ヒラメ カレイ キャットフード

カレイやヒラメも白身魚の代表格です。種類として仲間になるので、カレイとヒラメの栄養素も高タンパクで低脂質という点が似ていますが、脂質はヒラメの方が高めです。

白身魚や白身魚ミールに含まれていることもあり、クセのない淡泊な味が特徴です。

ヒラメ カレイ キャットフード

キャットフードのカレイ・ヒラメ。栄養素の違いと特徴、海外産では区別されていない

2019年10月31日

トビウオ

トビウオ キャットフード

トビウオは青っぽい姿から青魚と言われることもありますが、栄養や身の状態などから白身魚に分類されます。キャットフードでは味付けや香りつけの意味合いで使われることが多いです。

高タンパクでありながら、脂質量は白身魚の中でも非常に低いです。ビュンビュン飛ぶあの運動量が関係しているのかもしれません。ビタミンも豊富ですが、リンの含有量が他の魚よりも高い点は気になるところです。

トビウオ キャットフード

キャットフードのトビウオ。アゴだしや煮干し、粉末トッピングに利用!栄養素や特徴は?

2019年9月6日

マス

マスはサケ科の魚で、サーモンや鮭に該当しない魚がまとめてマスと呼ばれています。そのためマスはサーモンと栄養なども似ており、脂質も多い傾向にあります。そのため栄養素なども似ており、サケとマスをまとめて「トラウト」という名前で表記されていることもあります。

またマスの種類は幅広いため、栄養素やサイズもとれる地域などによって様々です。豊富なビタミンが特徴ですが、ミネラルはやや偏っているので他原材料と併用されることが多い魚です。

サワラ

サワラは見た目や味は白身魚、成分は赤身魚というおもしろい魚です。部位や魚によって赤身が強い魚もいれば白身が強いこともあります。栄養面でみれば、白身魚にしては脂質が多く脂肪酸も多く含まれていて、ビタミンも豊富です。

サワラはキャットフードのメインの原材料として使用されることは少ないですが、フィッシュミールや複数の魚と一緒に利用されることが多いです。

タイ

タイは外見は赤く鮮やかな赤身のイメージが強いですが、身は白いため白身魚に分類されます。キャットフードでは国産のおやつやウェットフードでよくみかける印象です。

タイは白身魚ですが脂質が多く脂肪酸も豊富に含んでいます。ミネラルでは特にセレンの含有量が多いですが、リンやマグネシウムの含有量も多いので、その点はフードで使用する際の懸念点かもしれません。

サバ

サバ キャットフード

高タンパク質ですが、脂身が多くて高脂質な魚です。特にサバの脂質にはDHA・EPAが豊富に含まれています。DHAやEPAは皮膚や被毛の健康維持、血管系の病気や疾患の予防効果、脳の活性化など様々な効果も期待できます。

ただし脂質の過剰摂取による肥満や脂質が酸化することによって起こる「黄色脂肪症(イエローファット)」のリスクもあるため、高脂質なサバが豊富なキャットフードではビタミンEや抗酸化物質が配合されているかが重要です。

サバ キャットフード

キャットフードのサバ。栄養素と成分の特徴、脳の活性化や抗がん作用が注目!黄色脂肪症の心配は?

2019年8月20日

ニシン

ニシン ヘリング キャットフード

ニシン(ヘリング)は海外のキャットフードでは割とメジャーな魚原料です。ノルウェーのような大西洋で多く獲れる魚なので、特にヨーロッパ産のキャットフードでは見られることが多いかもしれません。

非常にエネルギッシュな魚でタンパク質やアミノ酸もバランス良く含まれていますよね。ニシンはサバ以上に脂質の多い魚なので、黄色脂肪症の心配はありますが、ニシンのオイルに非常に多くのオメガ3脂肪酸が含まれているので、EPAやDHAの摂取を目的にもよく利用されます。

ニシンはキャットフードを製造する際はサーモンより高値が付く魚なので、プレミアムキャットフードなどに使われることが多いです。 

ニシン ヘリング キャットフード

キャットフードのニシン。栄養素と成分の特徴、ニシンを使ったフードを紹介

2019年7月29日

マグロ

マグロ キャットフード ツナ

お寿司の定番ネタといえばマグロ。キャットフードではツナ(Tuna)と表記されることが多いですが、ドライフードのメインとしてはあまり使用されず、猫缶やレトルトなどウェットフードや一般食で利用されている印象です。

マグロは部位によって脂質量が大きく違いますが、赤身部分は高タンパクでありながら非常に低脂質で、ビタミンDやビタミンB群を多く含んでいます。

常に泳いだ状態の回遊魚のマグロは筋肉が多いため、タンパク質が特に豊富で、アミノ酸もバランス良く含まれています。 

マグロ キャットフード ツナ

キャットフードのマグロ。栄養素と特徴、水銀濃度と水俣病の関係について

2019年9月4日

カツオ

カツオ キャットフード

日本では鰹節やダシなど和食でおなじみのカツオ。日本人に馴染み深いこともあり、食いつきや嗜好性を重視した国産ウェットフードで使用されることも多い印象です。

ただ海外ではカツオが使用されているキャットフードはあまり見られません。日本でもカツオというより鰹節が使われているものも多いため、トビウオ(アゴ)と同様、風味付けの意味合いが強いのではないかと思います。

栄養面ではタンパク質が多く脂質もほどほどという感じです。

カツオ キャットフード

キャットフードのカツオ。栄養素と成分の特徴、嗜好性を解説

2019年7月22日

オキアミ

キャットフード オキアミ

オキアミはスーパーフードとして注目されている食材で、タンパク質やDHA・EPAを補う食材として重宝されています。

オキアミはサクラエビと非常に見た目がよく似ていますが、生き物としての種類は異なります。

オキアミ キャットフード

キャットフードのオキアミの栄養素と成分の特徴、効果、キャットフード例を紹介。

2019年5月29日

緑イ貝

緑イ貝 キャットフード

緑イ貝はタウリンやグルコサミン、コンドロイチンが豊富に含まれています。

タウリンは猫にとって必要不可欠な栄養素であり食事から摂取しなければならないので、緑イ貝は有効な食材です。

またグルコサミンやコンドロイチンは関節の軟骨を構成する成分としてサプリメントなどにも配合される成分ですが、関節に良いという根拠や実証はないとのことです。

緑イ貝 キャットフード

キャットフードの緑イ貝。タウリンが豊富。グルコサミンやコンドロイチンの効果と貝毒について

2019年9月9日

フィッシュミール・白身魚ミール

様々な魚を混ぜて作られたフィッシュミールや白身魚ミールを使うメーカーも多いです。ミールは、上記で紹介した魚をはじめ様々な魚がまぜこぜに配合された魚の粉末です。

魚が配合されていることに間違いはありませんが、その品質や魚の特定ができないため、フィッシュミールを避けて、魚の種類が特定できるキャットフードを選ぶ方も多いです。

フィッシュミールは青魚、赤身魚、白身魚すべてが対象になりますが、白身魚ミールは上記で紹介したような原材料が使用されます。

白身魚は赤身魚や青魚に比べてアレルゲンのリスクが低いので、青魚にアレルギーの出ている猫にも与えることができます。

白身魚 キャットフード

キャットフードの白身魚。アレルギーのリスクは低いがどの魚を使っているか特定できない

2019年8月21日

おすすめ魚系キャットフードも紹介

魚系キャットフードを探すなら

魚系キャットフードは、オメガ3脂肪酸やミネラルが多くなりやすく、肉原料メインのキャットフードよりも、栄養バランスを適正にもっていくのが難しいと言われています。一部の栄養成分が飛び抜けて高くなってしまったり、バランスや比率が適正な範囲ではないものも調べているとあります。

このため魚系のキャットフードはやみくもに探すのではな、きちんと成分バランスや比率をチェックしましょう。当サイトでもおすすめの商品を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【おすすめ】魚系キャットフードランキング!口コミ評価、価格や原材料を一覧表で比較

2019年4月10日

キャットフードの魚介類まとめ

猫田

以上今回はキャットフードの魚介類についてお話してきました。簡単に復習しましょう。

  • 魚介類には動物性タンパク質や必須脂肪酸が豊富
  • 青魚か白身魚かによって豊富な栄養が異なる
  • 魚系キャットフードは栄養のバランスを摂りにくいので成分を見ながら選ぶ

日本では人気の魚、世界のキャットフードは肉が主流

猫田
日本では魚のキャットフードが人気ですが、世界的にはそれほど人気があるわけではなく、海外では圧倒的にチキンなど肉原料のキャットフードの方が好まれています。
鈴木さん
日本では魚というイメージが強いですが、海外では違うんですね。
猫田

日本は周りを海に囲まれ魚が捕れるのが当たり前といった環境にありますが、海外では海のない国や地域もあるため、安定供給を考えても陸地で育てられる肉原料の方が原材料として一般的です。

投稿者プロフィール

【監修・執筆】鈴木利奈
【監修・執筆】鈴木利奈ペットフード販売士 / コスメコンシェルジュ
一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。

日本化粧品検定協会会員。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修・執筆】鈴木利奈

一般社団法人ペットフード協会ペットフード販売士、キャットフード勉強会ディレクターとして、キャットフードに関する情報を提供しています。また、日本化粧品検定協会のコスメコンシェルジュ資格を有し、ペットフードだけでなく化粧品にも精通しています。販売時に必要な知識となる薬機法などについてもご紹介ができます。 日本化粧品検定協会会員。