キャットフードについて

国産と海外のキャットフードのメリットとデメリット

キャットフードは生産国で選ぶと安全なキャットフードを選びやすくなります。中でもヨーロッパやオセアニアは安全基準が高く、原材料のレベルも高くなっています。国産はヨーロッパなどに比べて安全基準が劣っているため、企業ごとに配慮の仕方が違っています。十分に確認して選ぶようにしましょう。

キャットフードについて

無添加または植物由来の添加物を使用したキャットフードの注意点

無添加は高額になりがちで、消費期限も短い 添加物というのは食品をよりおいしく、安全にするためのものですが、自然由来の添加物もあれば化学物質であることもあります。そういったことから時としてアレルギーの原因になったり、悪いも…

キャットフードについて

キャットフードには様々な効果を狙った商品があります

なんとなく買っているキャットフード。実は総合栄養食、一般食、療法食と分かれているのを知っていましたか?知らない間に一般食をあげていると栄養が偏る可能性があります。総合栄養食のなかで穀物の含有量が少なく、肉類が豊富なものを選びましょう!

キャットフードについて

キャットフードの理想的な栄養バランスとは?猫の状態に合わせることが大切

キャットフードの栄養バランスを考え過ぎて、味をおろそかにしていませんか?猫は味覚は人間に比べて劣るものの、味はとても大切なものです。あわせて匂いも大切ですから、栄養に加えて、愛猫が楽しんで食べるキャットフードを探してみましょう。

キャットフードについて

ペットフードの目的とは?表示項目からみるキャットフードの与え方を教えます

キャットフードというと全てが食事用に作られたキャットフードだと思い込んでいるかもしれません。決して間違ってはいませんが、おやつを食事とする方はいないように、猫のご飯にも食事用もあればおやつ用もあり、栄養を考えて与える必要…

キャットフードについて

避けておきたいキャットフードの添加物・酸化防止剤はこれだ!

キャットフードには様々な添加物が使われています。添加物を使う場合はペットフード安全法で商品に表示することが義務付けられていますから、パッケージの裏面や側面を見ると、キャットフードにどんな添加物が使われているか確認すること…

気になるワード

AAFCO EU FEDIAF pickup うんち おやつ お風呂 てんかん ふやかす アレルギー イギリス イベント ウェットフード エイズ エビ オメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸 オーガニック カラス カロリー キャットタワー キャットフードランキング キュウリ クランベリー グレインフリー コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 コンビニ ゴロゴロ サプリメント サーモン シャンプー ジャパニーズボブテイル スプレー行為 スマホ連動 スーパー スープ仕立て セブンイレブン セミモイスト セルロース タウリン タバコシバンムシ ターキー チキン チーズ トビカツオブシムシ ドイツ ドッグフード ドライフード ニュース ネット パッケージ ビートパルプ ビートファイバー ビール酵母 プレミアムキャットフード ヘビ ベジタリアン ペットフードの目的 ペットフード安全法 ホームセンター ボンベイ マタタビ マンチカン マーキング ミートミール メインクーン ラグドール ラム肉 リコール レバー ロシアンブルー ローテーション 七面鳥 三毛猫 下痢 乳酸菌 人間 体調 便 便秘 保存 保管 健康チェック 切り替え 効果 動物性油脂 原材料 去勢 口臭 合成着色料 合成調味料 同伴避難 吐く 味覚 喉慣らし 嘔吐 噛まない 噛む 国産 基準 塩分 天敵 好き嫌い 妊娠 子猫 安全 寄付 寄生虫 尻尾 尿 尿路結石 平均金額 感染症 成分 成猫 手作り 手作り料理 抜け毛 抱っこ 早期発見 早食い 最高齢 栄養 栄養バランス 栄養素 植物性油脂 正しい与え方 歯周病 歯垢 歯石 水分 海外産 海藻 混ぜる 添加物 温める 災害 無添加 爪切り 牛肉 猫アレルギー 猫エイズ 猫用食器 猫風邪 珍しい 甘味料 生理 生肉 異物混入 病気 療法食 発情期 白血病 皮膚病 目やに 着色料 種類 穀物 糖尿病 素材 結膜炎 置く場所 羊肉 老猫 肉料理 腎不全 自動給餌器 臭い 落下 葬儀 血便 血液型 表示項目 製造方法 規定 観葉植物 識別 買い方 買い替え 賞味期限 購入方法 軟便 輸血 運動 選び方 避妊 避難 酸化防止剤 長寿動物表彰 離乳食 食べてはいけないもの 食べても大丈夫? 食べない 食中毒 食事 食品害虫 食欲 食欲不振 食物アレルギー 食物繊維 香料 魚料理 鴨肉 鶏肉 鶏脂 鹿 鹿肉 黒猫